リスクも収益期待も様々

金融商品には様々なものがあります。リスクも収益期待も様々です。

もっとも一般的な物に預貯金を始めとした、債権があります。銀行などで扱う預貯金、長期系銀行などで扱う金融債、信託銀行などで扱う貸付信託、金銭信託。証券会社などで扱う国債、社債。社債の中には転換社債、ワラント債などがあります。
金融債の一種にワイドがあり、貸付信託や金銭信託の範疇には、ビッグやヒットがあります。

投資を主体としたものには株式、投資信託、商品先物などがあります。
投資信託の中には国債やコールなどを運用主体として、預貯金の性格を持つものから、金融派生商品(デリバティブ)を主体とした、かなり投機的なものまで様々です。また商品先物で運用する商品ファンドと言うものもあります。
他には養老保険などの保険類、土地などに対する抵当証券、不動産証券、不動産投資ファンドなどがあります。

他にも様々なものがありますが、その種類について、詳しく紹介して行く事は出来ません。
預貯金一つを取り出しても、通貨制預金から定期性まで、さらにその中にも積み立て預金など、様々な種類があり、これだけでも大変な分量になってしまいます。ですから、詳細については、市販の紹介本を参照してください。

機会があれば、これらを詳しく解説しますが、大まかには何となく大体分かっているという前提で、今後、言及して行きます。

スポンサーリンク