インターネットでの買い物の利点

インターネットでショッピングをした場合、まず最初に来るのは安い、安価であると言うことです。すべての場合に言えるわけではありませんが、誰もが実感する事では無いでしょうか。

次には、前記に関連しますが、簡単に安い店を探せると言う事です。少しでも安い店を探して何店舗も廻るのは大変ですし、時間も掛ります。個人のお店であったら、値段を確かめる為だけでは入りにくいと言うこともあります。探す範囲を広げれば交通費もかかってしまいます。ネットでは、これがパジャマ姿でも出来るわけです。

そして、気に入ったものが見つけ易い、探し易いと言うこともあります。ショッピングモールやネット上で検索すれば見つけることは大てい容易です。

ネットでのみ購入出来ると言うものもあります。たとえば全国で一万人しか興味を示さないものは、流通には適さないわけです。一万人と言えば多いような気がしますが、一億の人口で1万分の1が一万人です。何万もある店舗にすべて陳列する事は出来ませんし、売れる保証もありません。
しかし、全国では一万人。ネットでなら充分売れますし、採算にも乗ります。場合によっては限定生産も出来ます。

さらに重要な点は、重いものを自分で運ばなくても良いと言うことです。これは時間の節約にもなります。

ショッピングモールや店舗にもよりますが、多くの場合、購入者の感想を読めると言うこともありますね。もちろん極論もあるでしょうが、何人かの意見を読めば、大体のことは類推出来ます。

ショッピングモールもあります。通常の通信販売であれば、店舗との深刻な意見の相違やトラブルがあっても単独の商店との交渉になります。最終的には消費者センターに提訴しかありません。泣き寝入りになる可能性もある訳です。

ショッピングモール内の店舗であれば、運営会社が仲裁に入ります。始めからトラブルの多い悪質な店舗は当然に排除されていますし、また店舗の倒産や詐欺紛いな事によって、代金を払ったのに商品が受け取れないような場合は、今までの事例では、ショッピングモールの運営会社が弁済しています。

販売方法が多彩です。通常の販売以外に、共同購入、オークションなどがあります。

特長と仕組み

通信販売は価格革命を起しました。その理由は店舗経費の削減。極論を言えば、住所さえあれば山奥の倉庫が店舗でも良いわけです。付随する人件費の削減。販売員の経費等が削減出来ます。さらに取扱量の規模の拡大によるスケールメリットなどです。

これらに加えてネットショッピングでは、まだ多くの特長があります。
店舗経費の更なる削減です。受注業務に対する経費すら、ほとんど掛りません。通信販売で電話受注をしているとして、一人のオペレーターが一日に受注出来る数は多寡が知れています。住所も聞かなければなりませんし、入力もする必要があります。フリーダイヤルの経費も膨大です。それらは全てパート料も含め、商品価格に上乗せしなければなりません。

しかし、インターネットではこれらは全てゼロです。コンピュータが受けて、多くの場合、宅配便の送り状まで印刷します。箱に詰めて送り状を張るだけです。普通は、受注や発送メールの送信は自動ですし、帳簿などの経理処理の記入までコンピュータ任せに出来る場合もあります。

また倉庫すら持たず、仕入れ元や工場に自動的に通知され、直接発送すると言うことも一部では行われています。工場内にネット店舗がレンタルで独自倉庫スペースを持つと言うことも行われています。将来的には、受注したと同時に工場が自動で生産に入る在庫0システムになって行くのかも知れません。

ネットでは送料が掛るのでは無いかという話しもありますが、ではなぜ、普通は送料を負担してもさらに安いのでしょうか。

現在の流通システムでは送料はあらゆる所に介在します。普通の店舗でも、工場から、卸し売り問屋の倉庫、そこから発送して各店舗に陳列し販売する為の送料はやはり掛るのです。又は地域集荷場や流通センターから、支店舗への送料です。それらは総合的に商品価格に上乗せしてあり、個別に送料として徴集しないだけのことです。
多少割高になるかも知れませんが、それほど重要な問題では無いのは、通販が発展したのを見ても分かります。

買えない物は無い?

ネットで買えないものは無いと言っても過言ではありません。水から土地までネットで購入出来ます。もちろん新車も買えますし、豆腐も株も買えます。高級品やブランド品も、ネットでの販売が増えています。百貨店販売がどんどん縮小され、生き残りのための統合を繰り返しているのは、ニュースでも目にするところです。

あらゆる物がネット購入の対象になります。優位性が高いと思われるものをいくつか例示します。

先ずは株や保険商品などの金融関係です。株などはネット取引の手数料は通常の十分の以下になっています。ネットとの親和性が高いのは金融関係です。ネット銀行も金利が優位で、口座開設などは今でも申込者が殺到して、手続きが遅れ気味なようです。樂天銀行なども毎月5万人ほどが口座開設手続きをしています。

やはり定番なのは樂天銀行。メールで送金出来るメルマネに対応している唯一の銀行です。また、お小遣いサイトやポイント換金などは、樂天銀行を送金無料で指定する事が多いようです。提携サイト。何かの時の為に押さえておきたい所です。口座管理料は無料。樂天銀行同士の送金は無料。楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

家具もネットで買う事が便利な面が多い物です。家具は場所を取る事もあり、普通の家具屋では充分な在庫や展示が確保出来ません。どうしても今あるものの中から選ぶしかありません。ネットであれば、サイズや色やデザインを非常に豊富な商品の中から選ぶ事が出来ます。大ていの場合、気に入るものを見つけ易いはずです。

食品では高級食材がネットに向いています。食品は賞味期間切れのリスクやロスが多く、一般店舗ではどうしても利益の掛け率を多くしないとペイ出来ません。いつ売れるか分からないからです。ですから、高級食材は益々値段が高くなります。
ネットでは在庫を集中させる事が出来ますので、ロスを最少に出来ます。その分、低価格の販売が成り立ちます。

お米もネットで買いたいものです。送料を払っても安く、又は同じ値段ならより美味しいものが買えます。お米は重いものですから、スーパーで買うのは大変です。ネットであれば、戸口まで宅配されます。宅配してくれるお米屋さんで買う事を思えば、遥かに安く、又はかなり美味しいものが買えます。また、大ていの場合、出荷寸前に精米してくれます。
現在、ネット販売で人気のお米の楽天ランキングを見てみる

激安訳ありも

流通のだぶつきや規格外、または在庫調整のためなどの訳あり激安商品の販売が多いのもネットの特徴です。これらは処分販売ですので、広告費をかけられません。しかし、ネットであれば、並べるだけで簡単に捌けていきます。むしろネットでは訳あり商品は人気があります。

もちろん探すことはちょっとしたコツがありますし、すぐに売り切れになることも多いようです。
樂天などの訳あり激安を自動で毎日検索するサイトがありますので、ご紹介して置きます。訳あり激安食品の販売情報システム

ネットのショッピングについて、例をあげれば切りがありません。

ショッピングモール

なんと言っても日本最大のショッピングモールが楽天市場です。
5万店舗以上に及ぶ店舗が1800万点以上の商品を販売しています。多過ぎてどこで買ったらいいのか分からないと言う方は、樂天売れ行きランキングあたりをまず参考にされると良いと思います。
最近はAmazonが本以外にも販売量を伸ばしています。

他にはYahoo!ショッピングなど色々があります。

ネットでお店を出すには

ネットでは自分で作った農産物や捕った魚、趣味で作った商品などの販売も可能です。

取扱量が多ければ、また価格に自信があれば、樂天などのショッピングモールに出店するのが一番です。しかし、樂天でも月に何万円かの経費が掛かり、販売量に対してマージンも掛かります。会社なら別ですが、いきなりというのは難しいかも知れません。

お試し販売やちょっとした販売は、自分で店舗を出すのが一番でしょう。しかし、ショッピングサイトを作って貰うとかなり高い費用がかかります。普通のサイトやブログは別にして、自分でショップを作るのはかなり難しいことです。

しかし、格安な経費(新聞代程度)で店舗を持てるところもありますので、意欲のある方は一度挑戦してみてもよいかも知れません。少しご紹介しておきます。ネットショップを持ちませんか

いかがですか、通信販売は、ネットショッピングで完結した感じです。

スポンサーリンク