生命保険と医療保険

保険には決め手はありませんが、生命保険はもっとも節約効果が高いものです。保険はハイリスク参照。

生涯に払い込むお金が大きいものが生命保険です。また現在では予定利率が低い為、運用部分も有効な利殖にはなりません。
現在の経済状況では、利殖と考えるより、いざと言うときのための保証として考えるのが適切でしょう。

ですから、通常、保険は損失に成ります。奥さんが若い頃には、掛け捨てで、保証の少ないものでも良いのではないでしょか。最悪の事態が起っても、奥さんは自立していけます。
お子さんが生まれたり、ご主人の大黒柱の比重が高まる頃は少し厚くすれば良いでしょう。保険会社だけでなく、全労済や農協なども検討をされると良いと思います。また、生涯プランで個人年金に加入するのならば、死亡時にはそちらからも一定額が出ます。学資保険に入るならば、保護者死亡に資金が出ます。住宅ローンに入っている場合、その団体保険でローン残金は保証されますので、総合的に考えれば、膨大な保証は必要ないはずです。

一例
国民共済生命タイプ。月2000円、年間24000円で、通常は払い戻し金がでますので、2万円程度。これで交通事故死亡1000万円、事故800万円、病気400万円。その上のタイプもあり。始めのうちは、このぐらいでも十分かもしれません。

しかし、これは自分の生涯設計に関る問題ですし、将来の事は何も予測は出来ません。正解はありませんので、十分検討されるのが良いと思います。考慮すべき点は述べました。

いずれにしても、加入期間の総合計金額を算出して、この金額のこの商品を月賦(ローン)で買うという意識で、よく考えて決断して下さい。

最近、保険会社の枠にとらわれず、相談が出来るところがいくつかあります。1例、生命保険ドットコム保険マンモス
個人が専門家に無料相談が出来ますから、こういうような所を使って見ることも良いかも知れません。相談してみると、長い目で見て思ってもみなかった節約になるかも知れませんので、相談するのは早めが良いでしょう。ただし、中には仲介手数料の多い保険を積極的に薦めるところがあるようですので、ご注意下さい。

実際、保険の種類は膨大で、説明していけば、サイト一つが出来てしまいます。その人の生活設計に係わる物で、どれか一つお奨めというものは、やはりありません。相談されるにせよ、自分の方針をしっかりと持つことは大切です。

医療保険

医療保険は必要ないという意見があります。病気になったときのために貯金をして置いた方が合理的だということです。
たしかにまず間違いなく、生涯に払う保険料と給付される保険金を比べれば、保険料の方が多く、無駄になります。

ただし、私は医療保険の加入は重視する必要があると思います。
これも通常は損失ですが、人生の経費として考えるものです。
もし病気や怪我をして入院した場合、心身共に不安を抱えるでしょう。その時に家族の愛とともに、多少の心の支えの一つに成るからです。人生に取って、また立ち上がる為の勇気を与えてくれるもの、それが一番大切なことです。実は保険というものは、そのためにあるのかも知れません。

ではどのような加入の仕方、どのような保険が良いのでしょうか。
給付の額はそれほど問題にはなりません。保証を多くするより掛け金が安い方が望ましいと思います。
入院日額が多い物や、入院1日目から保険料が出るとか、日帰り入院でも保険料が出るというものはそれに応じて保険料が上乗せしてあるのです。思いだして下さい、普通は保険は損になると言うことを。
保険はあくまで必要経費です。必要経費は節約が基本です。

高度医療に備えること

病気になったときのもっとも大きなリスクは、医療費です。しかし、通常の医療費は公的な健康保険に入っていれば、少しの貯金でまかなえます。それほど大きな負担にはなりません。高額になったところで高額医療費の制度で補填されます。
健康保険がきかない医療費。それがもっとも大きなリスクです。保険と言うものは、本来、リスクに備えるものです。

保険外診療に備えること、それが医療保険の1番の必要事項です。
高度な医療というものは、いつも保険適用外です。例えば、陽子線治療は現在一回に300万円ほどですが、健康保険対象外です。公的機関なども治療センターを作っていることからも分かるとおり、従来療法よりも効果があります。
露骨な言い方ですが、300万円出しますか、それとも死にますかという選択です。もちろん300万円で、確実に治る保証があれば、何としてでも出すかも知れません。しかし、出しても何の保証もないのです。そして、一回だけで十分なのかも不明です。三回ほどの治療が必要で900万円。それでも駄目なのかも知れません。

そんなことをするより、家族に少しでもお金を残してあげた方が良いと考える人もいるでしょう。
従来療法で治る可能性もあり、高度医療で治らない可能性もあります。究極の選択です。
しかし、高度医療特約があれば、そう言う悩みはありません。

医療保険の保証はおのおのの思慮の範囲で、最低限近辺で十分です。必要なのは高度医療特約を付けること。
医療保険は終身の保険で、高度医療特約があるもの。保険料は安い方が良く、保険料が節約出来た範囲で拠金を増やしましょう。そして、医療保険は保険料の安い、少しでも安いうちに加入すること。

出来れば高度医療特約も更新がなく、保険料が一生涯変わらない、保険自体に自動付帯するものが望ましいです。(オリックス生命など)

出来るだけ多くの保険会社の資料を見比べて、今まで述べた条件に合うシンプルで頼りになる医療保険を見つけて下さい。

スポンサーリンク