鏡の世界の不思議な話

鏡は不思議なものです。

人の顔の左右が反対になりますが、本当に左右が反対に写っているんでしょうか。
実は左右は逆になっていますが、上下は逆にはなっていません。実は左右が逆に写っている訳ではないのです。でも、何かが違います。本当は何が逆になっているか、分かるでしょうか。

それでは、実際に実験をして確かめて見ましょう。

厳密に検証するために、鏡を北に置いて、鏡の写る面を南向きに置きます。

さて、鏡は北にありますので、北に向かって鏡を見ると、西には西側の景色が写っています。東には東側の景色が写っています。
左右は別に反対ではないですね。
そして、上には上の風景が、下には下の風景が写っているのが分かると思います。

ここまでは、整合性が取れていますね。では、どうして顔の左右が逆になるのでしょうか。

ここで、もう一度、北に置いた鏡を覗いて、よく観察して見て下さい。
北の正面(の鏡)には、(自分の後ろの)南の風景が写っていますよね。どう言うことか、わかりますか。

そうです。鏡には、前後の風景が逆転して、写っているのです。鏡が逆に写すのは、左右では無くて、実は前後なのです。前後を裏返しにして写します。

鏡に写っている自分の顔は、後ろから透視して見た感じの顔なのです。又は、墨を塗った顔を紙に押しつけて作った版画みたいな物です。
かごめかごめの歌にある、後ろの正面なのです。

ですから、見かけ上、左右が反対になります。しかし、本当のところは前後が逆なのです。

鏡の世界は奇妙な世界です。

日本語の中の時間、及びかごめかごめを参照。

スポンサーリンク